外国人は通信制高校のメリットを活かして勉強するといい

外人でも利用できる通信制高校

外国人の子息がどこの高校に行くのかということは、行く本人にとっては重要なことです。
しかし、偏差値の高い高校にこだわる必要はありません。
大学に行くつもりなら、どこの高校に通っても大丈夫です。
私は商業高校に通っていましたが、大学の法学部に入学することができました。
大学に入るためには、ようするに試験で良い点を取ればいいのです。
良い点を取るためには勉強すればいいのです。

高校レベルの勉強は基本的に学習者の学習意欲次第

偏差値の低い高校でも先生は授業をしてくれますから、真面目に聞いていればいいのです。
そして、わからないことがあったら遠慮なく質問すればいいのです。
それに、高校レベルの勉強でしたら、本を読めば理解できます。
近所の図書館に行って、たくさん本を読めば自然と理解できるようになります。

通信制高校は学習者の意欲、やる気が全てと言っても良い

高校には通信制高校もあります。
通信制ですから、直接先生に教えてもらえるわけではありません。
しかし、先程も言ったように、勉強というのは本を読めば一人でできます。
一番大切なことは、やる気です。
やる気さえあれば、独学でもかなりの知識を身につけることができます。

外国人でもきちんと高卒認定資格を取れています

外国人が通信制高校に行くのなら、特にやる気が重要です。
何か目標を持って勉強するのがいいでしょう。
まんべんなく勉強しなくても、何か興味のあることを一つ集中して勉強すればいいのです。
もし数学に興味があるのなら、数学者になることを目標にして勉強するといいです。
数学者を目指すなら、高校レベルの数学は早く終わらせる必要があります。自分でどんどん進まなければなりません。
自分で進むのなら、普通高校よりも通信制高校のほうがいいです。
何事にもメリットとデメリットがあるものです。
ですから、通信制高校のメリットを活かして勉強することを考えるといいのではないでしょうか。