託児所の設置やキャリアアップ環境など薬剤師の転職状況が改善されています。

幅広くある薬剤師の求人先

薬剤師には様々な就転職先があります。
まず病院ですが、外来薬剤師と病棟薬剤師があります。
そのほか、調剤薬局やドラッグストアなども含め勤務薬剤師としての就転職先が多数あります。
さらに、薬事法で各拠点に一人の管理薬剤師の設置が定められていますが、その管理薬剤師やエリアマネージャーなど管理職やその候補の求人も行われています。

子育てサポートやキャリアアップ志向の方のための環境も充実


特に病院内での就転職先に言えることですが、看護師や医師など病院スタッフの復職のために託児所を設置している病院が増えてきています。
薬剤師にもそのような託児所に子供を預け、仕事に復帰しているという人がいます。
また産休や育休だけでなく、子供が熱を出した際の急な休みもとりやすく子育てと社会復帰の両立がしやすくなっている職場もあります。
更に不要範囲内でパート勤務を行うことも可能ですし、年収700万円を超えるような高額収入を得たい人向けの求人もあります。
病院の外来薬剤師だったり、調剤薬局の薬剤師だったりすると、土日にカレンダー通りの休みがとりやすくなりますし、育児や介護と両立しやすい時短勤務、時給制のところを選ぶという方法もあります。
さらに今している仕事から知識や経験を高めたい、キャリアアップを図りたいという人には漢方薬剤師としての転職先、MR、総合病院での勤務など今までに経験したことのない業種にチャレンジをするという人もいます。

転職を意識したなら転職コンサルタントを依頼しましょう

いずれも、自分で求人情報を調べるのも一つの選択肢ではありますが、薬剤師求人広場などの転職サービスに登録することで自分の条件をコンサルタントがまとめて、条件に合った転職先を紹介してもらえるようにすると便利です。
このようなサービスは自分に代わってコンサルタントが就転職を希望する先と条件の交渉を行ってくれるので働いた後の齟齬が少ないという利点もあります。