看護師求人情報のチェックポイント

日本の看護師事情は完全に売り手市場

看護師業界は慢性的な人手不足の状態が長く続いています。
どの病院でも看護師の確保のために労働環境を整えており、就職を希望する側が有利な買い手市場の状況になっています。
最近では病院やクリニックといった医療機関以外の老人ホームやデイケアサービスなどの老人福祉施設からの看護師求人が増加しており、売り手市場の状況はしばらくの間継続される見込みです。
今回はこちらのような看護師求人サイトで看護師求人情報を見る際に注目すべきポイントについて解説します。

希望する働き方で職場を選別します


求人情報をチェックする時に最初にチェックすべき項目は給与です。
給与体系は職場ごとに代わるので、どのように給与が決まるのかをチェックしましょう。
基本給が高いのか、手当が高いのか、自分の希望する働き方と給与体系が一致する職場を選ぶのがポイントです。

夜勤を基準に選べば、病院の選別も容易です

看護婦求人で重要なポイントが夜勤に関する情報です。
夜勤をしたくないときは夜勤なしの職場を選ぶ必要があります。
大病院の看護業務の求人はたいてい夜勤が必須となっていますが、小規模なクリニックの求人などは夜勤なしの条件が多いので、そういった看護師空人情報に注目してみてください。
夜勤は手当てが別途で支給されるので、収入の高い職場を希望する方は夜勤シフトをたくさん入れられる求人がむいています。
ポイントは夜勤の交代シフトです。2交代と3交代では体にかかる負担が大きく異なります。
自分の体力を考えて最適のシフトが組める職場を選んでください。

子供がいるときは託児所の有無がポイント

お子様がいる方にとって重要なのが託児施設の有無です。
託児施設が完備されている職場であっても、通勤に満員電車を使うような職場であれば、子供を連れての出勤が難しくなります。
多少離れた場所の職場を選ぶことになったとしても、子連れでの通勤環境に配慮することが重要になります。